転職活動における最善の自己PRのポイント

転職活動における最善の自己PRのポイント

前職での自己PRをレベルごとで考える

 

 転職活動で自己PRを行う際に、仕事のスキルのレベルに応じて、どんな立場として行ってきたのかをしっかり振り返る必要があります。最も基本となる仕事のスキルのレベルとして、仕事の中でのルートでミスが殆どなくて、だいたい仕事をこなしているレベルであった場合です。

 

 この場合は十分に転職価値があって、自己PRとして仕事をこなせた具体的な内容をアピールすると良いです。

 

高度な仕事の経験から導き出せる自己PRについて

 

 自分や自分に関係する部署に改善点を見つけ出せて、改善点で社内の業務の効率を上げられた場合に、面接官に対して、改善点や業務の効率化に関する具体的な自己PRをします。

 

 業務を効率化するためにオリジナルの施策などを提案して、会社全体を巻き込んだ経歴などを具体的にアピールすると、さらに転職活動が上手く行きやすいです。

 

前職の仕事のレベルを察知しながらの転職活動

 

 前職での仕事の内容を重視するばかりではなくて、実は前職での仕事の質の度合いが近年の転職活動で求められるようになりました。

 

 提案によって仕事の質が良くなったとして、どの程度自分の提案が会社に影響を及ぼしたかを把握して、提案が全社を巻き込んだのかどうかを把握します。自分の仕事のレベルを察知して、仕事の質とともに具体的に仕事を良い方向に及ぼした影響などをアピールする事が大事です。


ホーム RSS購読 サイトマップ